DMM株なら米国株の取引手数料が無料!

VTIの配当日はいつ?配当金推移・利回りや経費率など基本情報総まとめ

VTIって何?

ハイト

VTIは世界3大資産運用会社の1つであるVanguard社が手がける米国ETFです。

米国企業3500社以上に分散投資できるので、一言でいうとアメリカをまるごと買うことができるETFですね。

アメリカを丸ごと!?
それはさぞかしコストが高そうだな…。

ハイト

世界のVanguard社が手がけるだけあって、VTIの経費率は0.03%と非常に低コストです。

それはすごい。

ハイト

VTIは長期で資産形成を考える多くの人にオススメできる投資先の一つだと思います。

今回はVTIについて詳しく紹介していきます。

目次

VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)とは?

VTIは米国株式市場の投資可能な銘柄のほぼ100%をカバーしたETFです。

構成銘柄はアメリカの大型株から小型株まで含めて実に3500社を超えます

運用は世界3大資産運用会社の一つであるVanguard社が行っています。

VTIの基本的な情報をまとめると次のようになります。

シンボルVTI
運用会社Vanguard
構成銘柄数3529社
経費率(年率)0.030%
ETF純資産総額1531.9億ドル
設定日2001年5月24日
※Vanguard公式HPを元に作成

VTIの配当日はいつ?権利落ち日は?

VTIは3月・6月・9月・12月の一年間に四回、配当金(分配金)がでます。

VTIの最近の配当日と権利落ち日をまとめるとコチラのようになります。

権利落ち日
配当支払開始日
2021年12月2021年12月27日2021年12月30日
2021年9月2021年9月24日2021年9月29日
2021年6月2021年6月24日2021年6月29日
2021年3月2021年3月25日2021年3月30日

配当日を眺めるとなんとなく月末が多そうだな。

ハイト

そうですね。配当の権利を得るためには、権利落ち日の前日から遡って4営業日前には株を購入しておく必要があります。

VTIの配当(分配金)推移と最新の配当利回りは?

現在のVTIの最新の配当(分配金)利回りは次の通りです。

2021/10/15の終値
直近1年の配当計
VTIの配当利回り
230.73 USD2.853 USD1.24%

過去10年の配当推移をグラフにすると次のようになります。

VTIの四半期配当推移

これを1年ごとにまとめるとこちら。

VTIの年間配当推移

配当利回りは1%代で高配当ETFに比べると低いけど、配当実績はわりと綺麗な右肩上がりだな。

VTIの株価推移

VTIの株価推移をグラフにするとコチラになります。

ハイト

比較対象として、S&P500指数と切り替え表示できるようにしています。VTIは米国のほぼ全企業を含んでいますが、値動きとしては上位500社とそれほど変わりないですね。

1日や1ヶ月はともかくとして、5年以上の期間で見るとしっかり右肩上がりだな。

VTIの組み入れ上位の銘柄

VTIの構成銘柄のうち、上位20位を抜き出すと次のようになります。

2021.5時点
銘柄
構成比率
1Apple Inc.(AAPL)4.58%
2Microsoft Corp.(MSFT)4.38%
3Amazon.com Inc.(AMZN)3.42%
4Facebook Inc. Class A(FB)1.80%
5Alphabet Inc. Class A(GOOGL)1.63%
6Alphabet Inc. Class C(GOOG)1.55%
7Tesla Inc.(TSLA)1.26%
8Berkshire Hathaway Inc. Class B(BRK.B)1.13%
9JPMorgan Chase & Co.(JPM)1.08%
10Johnson & Johnson(JNJ)0.99%
11Visa Inc. Class A(V)0.91%
12UnitedHealth Group Inc.(UNH)0.87%
13NVIDIA Corp.(NVDA)0.81%
14Home Depot Inc.(HD)0.80%
15Mastercard Inc. Class A(MA)0.78%
16Walt Disney Co.(DIS)0.78%
17Procter & Gamble Co.(PG)0.76%
18Bank of America Corp.(BAC)0.73%
19PayPal Holdings Inc.(PYPL)0.71%
20Comcast Corp. Class A(CMCSA)0.59%

聞いたことある企業名ばかりが並んでるな。
GAFAMが上位を独占してる。

ハイト

ハイテクが躍進する米国市場の現状をそのまま表していますね。

VTIのセクター比率

VTIのセクター比率をグラフにまとめると次のようになります。

VTIのセクター比率

いまの米国企業全体の比率は、やっぱりテクノロジーが大きいんだな。

VTIのメリット

ここまでVTIの基本情報を見てきましたが、VTIの大きなメリットは次の2点だと思います。

VTIのメリット
  • 米国のほぼ全ての企業に分散投資が可能
  • 経費率0.03%と非常に低コスト
ハイト

3500社を超える企業にまとめて投資できてこの経費率は驚異的です。

VTIのデメリット

VTIのデメリットとしては次のようなことが挙げられます。

VTIのデメリット
  • 広く分散された投資なので爆発的な値上りは見込めない
  • 配当はそこまで高くないので高配当投資には向かない

まぁ、広くリスク分散すると爆発的な値上がりは期待できないよな。

VTIの上手な買い方

VTIは米国市場全体に分散されたETFなので、長期の積立投資に適した商品と言えます。

長い目で見てアメリカは右肩上がりの経済成長を遂げています。

今後も株価の凸凹はあれど長い目で見れば右肩上がりに成長していくことが予想されます。

したがってVTIのようにアメリカ全体に連動する商品を少しずつ積み立てていくというのは、手堅い資産形成の方法だと思います。

VTIはドルコスト平均法で毎月積み立てるようなコツコツ系の投資法と相性ピッタリです。

VTIはどこで買える?おすすめの証券会社

VTIは楽天証券SBI証券など大手のネット証券で簡単に購入することができます。

楽天証券使い易いインターフェースで画面の見易さや操作性は圧倒的に優れているので、初心者におすすめの証券会社です。

一方、SBI証券は住信SBIネット銀行と組み合わせることで、米ドルを手数料最安で調達することができます。

米国市場に投資を考えているのであれば、どちらの証券口座も開設しておいて損はありません。

また、楽天証券には「楽天VTI」という投資信託の商品があります。

楽天VTIは円建でVTIに間接的に投資できる投資信託で、積立NISAやiDECOなどの長期を見据えた積立銘柄として人気を集めています。

VTIのまとめ|アメリカ中の企業に広く分散投資が可能

VTIは米国の3500社を超える企業に広く分散投資ができるETFであり、経費率は0.03%と非常に低コストです。

低コストであることは長期の積立投資において強い味方。

ただし、米国ETFならではの問題として配当にかかる二重課税の問題や分配金を再投資するために多少の手間はかかります。

最近では楽天VTIなどの投資信託も信託報酬が低コストになってきており再投資の手間もかからないため、ETFではなく投資信託を積み立てるのも一つの選択肢かと思います。

VTI、楽天VTI、いずれもアメリカに広く分散投資するものなので、一気に資産を爆増させたい人には向きませんが、資産を着実に増やしていきたい人にとっては魅力的な投資先です。

おすすめ記事 【意外と有益?】モトリーフールの評判|米国最新情報の無料メルマガ

おすすめ記事 【本当に最安?】DMM株の評判やデメリット・メリットを踏まえた賢い使い方を徹底解説

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる