DMM株なら米国株の取引手数料が無料!

VYMの配当日、利回り、権利落ち日、セクター比率など総まとめ

VYMって何?

ハイト

VYMは世界3大資産運用会社の一つであるVanguard社が手掛ける米国株ETFです。

高い配当利回りと、堅調な基準価額の伸びどちらも狙えることで人気を集めています。

高配当で株価も上がるとか最高だな。

ハイト

今回はそんなVYMについて色々と説明していきます。

配当を重視した投資に興味がある人は、Oxfordインカムレターを一読してみることをおすすめします。

Oxfordインカムレターは米国株&高配当という視点で『永久に持っておきたい6つの高配当米国株』を紹介しています。

無料でメールアドレスを登録するだけで、6つの銘柄について知ることができるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

>> 【無料】6つの永久高配当株を見てみる

目次

VYM (バンガード・米国高配当株式ETF)とは

VYMはアメリカの大型株の中でも予想配当利回りが市場平均を上回る銘柄を重点的に組入れたETF(上場投資信託)です。

運営会社であるVanguard社の頭文字「V」がティッカーシンボルにも用いられています。

VYMの基本情報をまとめると以下の通りです。

シンボルVYM
運用会社Vanguard
組入銘柄数426
経費率0.06%
設立年2006年11月10日
純資産額262.2億ドル
※Vanguard公式HPより作成

VYMの配当日、配当権利落ち日は?

VYMは四半期ごとに一回、3月、6月、9月、12月に配当(分配金)を出します。

配当権利落ち日と配当日をまとめると次のようになります。

権利落ち日
配当日(支払い開始日)
2021年12月2021/12/20(月)2021/12/23(木)
2021年9月2021/9/20(月)2021/9/23(木)
2021年6月2021/6/21(月)2021/6/24(木)
2021年3月2021/3/22(月)2021/3/25(木)

権利落ち日は第四週の前半に設定されていることが多いようですね。

ハイト

配当の権利を得るには、権利落ち日の前日から遡って4営業日前に株を購入しておく必要があるので、第二週の終わりか第三週の月曜には約定しておくのが良いと思います。

VYMの配当金推移

VYMのこれまでの配当金(分配金)をグラフにすると次のようになります。

VYMの配当金推移_四半期毎

これを一年毎にまとめるとこちら。

VYM配当推移_一年毎

1年ごとに見ると綺麗な右肩上がりだな。

ハイト

VYMの配当(分配金)の推移は非常に安定しています。
今後の配当も期待できそうですね。

VYMの最新配当利回り

VYMの直近の配当利回りは次のようになっています。

2021/10/15の株価
直近1年の配当計
VYMの配当利回り
107.222.97 USD2.77%

VYMの株価推移

VYMの直近の株価(基準価額)の推移をグラフにすると以下のようになります。

株価も長期で見るとわりと綺麗な右肩上がりだな。

ハイト

安定した配当と堅実な株価推移どちらも期待できるのが人気を集めている理由ですね。

VYMのセクター比率

VYMのセクター比率をまとめると次のようになります。

VYMのセクター比率

金融、ヘルスケア、生活必需品が多いんだな。

ハイト

以前紹介したSPYDと比較して、不動産が含まれていない&テクノロジーが含まれているというのも特徴ですね。

VYMの組入銘柄

全426の組入銘柄のうち、上位10位は次のような企業です。

企業名
保有比率
1JPMorgan Chase & Co.3.70%
2Johnson & Johnson3.30%
3Home Depot Inc.2.50%
4Procter & Gamble Co.2.40%
5Bank of America Corp.2.40%
6Comcast Corp.1.90%
7Exxon Mobil Corp.1.80%
8Intel Corp.1.70%
9Verizon Communications Inc.1.70%
10Cisco Systems Inc.1.70%

聞いたことある企業もそこそこあるな。

ハイト

VYMは大型株の中から配当の大きな企業を選んでいるので、老舗の有名企業が多く採用されているようですね。

VYMのメリット

ここまでVYMの基本的な情報を見てきましたが、メリットをまとめると以下のようになります。

VYMのメリット
  • 安定した配当(インカムゲイン)を期待できる
  • 堅実な値上がり益(キャピタルゲイン)も期待できる
  • Vanguard社が運営していて経費率が0.06%と安い

VYMのデメリット

VYMのデメリットとしては、次のようなことが考えられます。

VYMのデメリット
  • 値上りは市場平均S&P500には劣る
  • 高配当ETFのSPYDやHDVに比べると配当は劣る
ハイト

SPYDに比べると配当は低いですが、株価の推移は安定しているので、一長一短ですね。

VYMを買うなら楽天証券かSBI証券がおすすめ

VYMは米国のETFですが、大手ネット証券であればほぼどこでも取り扱いがあります。

米国株に投資するなら開設しておきたいネット証券は以下の三つ。

SBI証券:住信SBIネット銀行との連携で為替コスト最安

DMM株:米国株の取引手数料が無料

楽天証券:画面が見やすく初心者に優しい

ハイト

米国株に投資するなら、これら3つの証券口座は全て開設しておいて損はありません。

関連記事

VYMまとめ:人気も納得の高配当ETF

今回はVYMについてご紹介しました。

VYMはVanguard社が手がけるETFで、低コスト、比較的高い配当利回り、安定した株価推移が魅力です。

ハイト

年間配当がキレイな右肩上がりで増配している点も嬉しいポイントです。

SPYDほどの配当利回りはありませんが、配当と株価をどちらも拾えるバランス型のETFと言えると思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる