DMM株なら米国株の取引手数料が無料!

SPYD配当日はいつ?利回り,権利落ち日,組入銘柄など総まとめ

SPYD_配当はいつ_組入銘柄など総まとめ

SPYDって何?

ハイト

SPYDはS&P500の中から配当が高い上位80社で構成される人気の高配当ETFです。

世界三代運用会社の一つであるState Streeeが運用していて、経費率が0.07%と安価であることも人気の秘密です。

高配当は魅力的だな。でもデメリットもあるんでしょ?

ハイト

そうですね、弱点もあります。

今回はメリットとデメリットも含めてSPYDについて紹介します。

目次

SPYD(SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF)とは

SPYDとは、米国S&P500を構成する銘柄のうち配当利回りが高い上位80銘柄を集めたETF(上場投資信託)です。

シンボルSPYD
運用会社STATE STREET
組入銘柄数80
経費率0.07%
設立年2015年10月21日
純資産額19.7億ドル
※State Street公式HPより作成。

SPYDは経費率が0.07%と非常に安価で、なおかつ高い配当利回りを実現しているため、配当金に重点を置くインカムゲイン狙いの投資家から人気を集めています。

ハイト

SPYDの魅力は何と言っても非常に高い配当利回りです。

SPYDの最新配当利回り

SPYDの最新の配当利回りは以下の通りです。

2021/8/3の終値
直近1年の配当計
SPYDの配当利回り
39.841.91 USD4.78%

おー、これだけの数字なら下手に配当狙いで個別株買うよりいいかも。

SPYDの配当日はいつ?支払日と権利落ち日

SPYDの配当(分配金)は1年のうち3月,6月,9月,12月の計4回出ます。

直近の権利落ち日と現地支払開始日は次の通りです。

権利落ち日
分配金支払い開始日
2021年12月2021/12/17(金)2021/12/22(水)
2021年9月2021/9/17(金)2021/9/22(水)
2021年6月2021/6/18(金)2021/6/23(水)
2021年3月2021/3/19(金)2021/3/24(水)
ハイト

配当の権利を得るには、権利落ち日の前日からさかのぼって4営業日前には株を購入しておく必要があります。

権利落ち日以降は売却してもその月の配当は支払われます。

SPYDの配当金推移

SPYDのこれまでの配当金の推移をまとめると次のようになります。

SPYDの配当金推移

この四半期配当を1年ごとにまとめると次の通りです。

SPYDの年間配当推移

綺麗な右肩上がりってわけではないけど安定はしてそうだな。

SPYDのリバランスルール

SPYDは毎年2回、1月と7月にリバランスが行われます。

リバランスのルールはシンプルで、S&P500構成銘柄の中から配当が高い企業上位80社を、1企業の比率が1.25%ずつになるよう均等になるようリバランスされます。

あれ、でもこの前はSPYDの銘柄数が80銘柄ではなく69名柄になっていたよ?

ハイト

それは運営会社のState Streetが、パンデミックによる大暴落を受けて配当を出せなくなった企業を、機転をきかせて取り除いてくれたからです。その後のリバランスで80名柄に戻りました。

へー、緊急時に臨機応変な対応を取ってくれるのは嬉しいね。

SPYDの構成銘柄上位

SPYDの構成銘柄上位15位までを抜き出すと以下のようになります。

Jun 17 2021
企業名
ティッカー
保有比率 [%]
1Iron Mountain Inc.IRM1.65
2Seagate Technology Holdings PLCSTX1.60
3Regency Centers CorporationREG1.52
4ConocoPhillipsCOP1.52
5Public StoragePSA1.51
6Federal Realty Investment TrustFRT1.49
7Simon Property Group Inc.SPG1.48
8Marathon Petroleum CorporationMPC1.45
9Boston Properties Inc.BXP1.45
10Interpublic Group of Companies Inc.IPG1.44
11Valero Energy CorporationVLO1.44
12Exxon Mobil CorporationXOM1.43
13Equity ResidentialEQR1.42
14Lumen Technologies Inc.LUMN1.41
15Invesco Ltd.IVZ1.41

わりと知らない銘柄がたくさん。

ハイト

金融や不動産など、景気に敏感なセクターの銘柄が多く含まれているのが特徴です。

SPYDのセクター別構成比率

SPYDのセクター比率は次のようになります。

SPYDのセクター比率

SPYDは不動産、金融、エネルギーの3つのセクターで50%超えとなっています。

これら3つのセクターは景気敏感な銘柄が多いので、SPYDの株価は株式市場の暴落と共にわりとしっかり暴落に巻き込まれます。

SPYDの株価推移

SPYDの株価(基準価額)の推移をグラフにすると次のようになります。

比較対象として米国のS&P500指数と切り替え表示できるようにしています。

S&P500は綺麗な右肩上がりだけど、SPYDの推移はイマイチ?

ハイト

基準価額の推移だけを眺めるとSPYDはS&P500に負けてますね。

SPYDのメリット

SPYDのメリットとしては以下の点が挙げられます。

SPYDのメリット
  • 非常に高い配当利回り(分配金利回り)
  • シンプルで理解しやすいリバランスルール
  • 信頼できる大手運用会社State Streetが運用
  • 0.07%という低い経費率

SPYDのデメリット

SPYDのデメリットとしては以下の点が挙げられます。

SPYDのデメリット
  • 基準価額の推移は市場平均に劣る
  • 不人気銘柄が多いため暴落時の下落幅が大きい

SPYDが買えるおすすめの証券会社は楽天証券、SBI証券

SPYDは人気のETFのため、大手ネット証券であればどこでも取り扱いがあります。

初心者には使い勝手が良い楽天証券か、住信SBI銀行と連携して米ドルを手数料最安で購入できるSBI証券がおすすめです。

まとめ|SPYDは低コストで高配当を狙える魅力的なETF

SPYDはS&P500の中から配当が高い80社を集めた高配当ETFです。

ただし、配当が高い企業は不人気な銘柄も多いため、暴落局面で株価が下落しやすいという特徴があります。

長期投資で配当を狙っていきたい人にとっては、株価が少し冴えない暴落時こそ絶好のSPYD仕込み時とも言えるかもしれません。

0.07%という低コストでありながら、80社への分散がきいていて配当利回りも高いという点は非常に魅力的ですね。

おすすめ記事 【US投資家必見】モトリーフールの無料メルマガは超有料級!?気になる中身とは?

よかったらシェアしてね!

米国株おすすめサービス


目次
閉じる