DMM株なら米国株の取引手数料が無料!

【最新】VIGの配当日、配当金推移、株価推移、構成銘柄など総まとめ

VIGって何?

ハイト

VIGは世界三大資産運用会社の一つであるVanguard社が手がける米国のETFです。

値上がりと配当のどちらも狙えることから人気を集めています。

欲張りなETFだな。

ハイト

今回はVIGの基本的な情報について紹介していきます。

目次

VIG(バンガード米国増配株式ETF)とは

VIG(バンガード米国増配株式ETF)はVanguard社が手がける米国ETFで、過去10年間連続増配の実績を持つ米国の中・大型株への投資に注力するETFです。

VIGの基本情報をまとめると次のようになります。

シンボルVIG
運用会社Vanguard社
組入銘柄数212
経費率0.06%
設立年2006年4月21日
純資産額632億ドル
※2021現在。Vanguard公式HPより作成。

10年以上連続増配の寄せ集めって安心感すごいな。

VIGの配当日、配当権利落ち日は?

VIGは1年のうち3月、6月、9月、12月の計4回配当金(分配金)を出します。

VIGの直近の配当日と配当権利落ち日をまとめると次の通りです。

権利落ち日
分配金支払い開始日
2021年12月2021/12/20(月)2021/12/23(木)
2021年9月2021/9/20(月)2021/9/23(木)
2021年6月2021/6/21(月)2021/6/24(木)
2021年3月2021/3/22(月)2021/3/25(木)
ハイト

配当の権利を得るためには、権利落ち日の前日から遡って4営業日前に株を購入しておく必要があります。

VIGの配当金(分配金)推移

VIGの直近1年間の配当金(分配金)は次の通り。

配当月
VIG直近の配当金[USD]
2021年9月0.6995
2021年6月0.675
2021年3月0.5131
2020年12月0.6644

VIGのこれまでの配当金(分配金)の推移をグラフにすると次のようになります。

VIGの配当推移

これを1年ごとにまとめてみたものがコチラ。

VIGの年間配当推移

さすが連続増配集団。年間で見てみると綺麗な右肩上がりだな。

ハイト

2020年はパンデミックの影響で株式市場は大荒れでしたが、それでもVIGは増配を続けていますね。

VIGの最新の配当利回り

直近1年の配当をもとに、VIGの最新の配当利回りを計算してみると次のようになります。

2021/10/15の終値
直近1年の配当計
VIGの配当利回り
160.332.55 USD1.59%

高配当と呼ぶにはいまひとつな利回りではあるね。

VIGの株価(基準価額)推移

VIGの株価推移をグラフにすると次のようになります。


ハイト

株価も長期で見るとキレイな右肩上がりに見えますね。

VIGのセクター比率

VIGのセクター比率をグラフにまとめると次のようになります。

VIGのセクター比率
※Vanguard公式HPより作成

VIGは工業と一般消費財が多いんだな。

VIGの構成銘柄

VIGの構成銘柄のうち、構成比率トップ15の銘柄を並べると次のようになります。

2021.9.25
ティッカー
企業名
構成比率
1MSFTMicrosoft Corp.4.43%
2JPMJPMorgan Chase & Co.3.71%
3JNJJohnson & Johnson3.66%
4WMTWalmart Inc.3.37%
5UNHUnitedHealth Group Inc.3.18%
6VVisa Inc. Class A2.99%
7HDHome Depot Inc.2.83%
8PGProcter & Gamble Co.2.82%
9CMCSAComcast Corp. Class A2.23%
10ORCLOracle Corp.2.11%
11KOCoca-Cola Co.1.95%
12ABTAbbott Laboratories1.80%
13ACNAccenture plc Class A1.79%
14PEPPepsiCo Inc.1.74%
15NKENIKE Inc. Class B1.69%

聞いたことある有名企業が多いな。

ハイト

10年連続増配の企業を選抜してるだけあって、老舗の安定した企業が多いですね。

VIGのメリット

ここまでVIGの基本的な情報について見てきましたが、VIGのメリットをまとめると次のようになると思います。

VIGのメリット
  • 安定した配当が期待できる
  • 堅調な株価(基準価額)の伸びが期待できる
  • Vanguardが運用していて経費率が格安
ハイト

インカムゲインとキャピタルゲインのどちらも狙えることが人気の理由ですね。

VIGのデメリット

VIGのデメリットをしいてあげるとすると、次の点になります。

VIGのデメリット
  • SPYDやHDVといった高配当ETFと比べると配当利回りは低い

株価の伸びは優れてるから一長一短だよな。

VIGの買い方:楽天証券かSBI証券がおすすめ

VIGは大手ネット証券であれば、通常の米国株と同じ手順で簡単に購入することができます。

初心者には口座開設数TOP2を誇る楽天証券SBI証券がおすすめです。

楽天証券は使い易いインターフェースで、画面の見易さや操作性は圧倒的なので、初心者に特におすすめな証券会社です。

一方、SBI証券は住信SBIネット銀行と組み合わせることで、米ドルを手数料最安で調達することができます

米国株投資家の方には米国株取引手数料が無料なDMM株あたりもおすすめです。

関連記事 【米国株ならココ!】DMM株の評判やデメリット・メリットを踏まえたお得な使い方を徹底解説

ハイト

米国市場に投資を考えているのであれば、証券口座は複数開設しておいて損はありません。

VIGまとめ

VIGは米国の連続増配株を集めたETFです。

安定した企業が多く、配当だけでなく株価(基準価額)の伸びも期待することができます。

他の高配当ETFと比較するとズバ抜けた配当利回りというわけではありませんが、インカムゲインもキャピタルゲインも狙いたいという人には非常に魅力的な投資先だと思います。

人気を集めているのもうなずけますね。

配当を重視した投資に興味がある人は、「Oxfordインカムレター」を一読してみることをおすすめします。

Oxfordインカムレターは米国株&高配当という視点で『永久に持っておきたい6つの高配当米国株』を紹介しています。

無料でメールアドレスを登録するだけで、6つの銘柄について知ることができるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

>> 【無料】6つの永久高配当株を見てみる

おすすめ記事 【正直な感想】Oxford インカムレターの評判とメリット・デメリットを徹底解説

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる